大好物のにおいのするキッチン2号店

料理ブログではありません。

稽古

 

1に稽古2に稽古3、4がなくて5に稽古
これ3と4は空ける意味はなんなん?

小さなドア

また宇宙兄弟から好きなシーンの紹介。

作中最高の宇宙飛行士、ブライアンJの言葉。

 

人の人生にはいくつもの「夢のドア」がある

人は…例えば「宇宙へ行く」みたいな大きな夢を持った時、目の前に現れたバカでかいドアに畏縮して、向こう側へ行くことを諦めちまう。

「開けられるわけがない」―ってな。

だがビビることはないんだよ。

本当ははじめから―そんな「バカでかいドア」なんてものはない。

小さなドアがいっぱいあるだけだ。

「成長のドア」「発見のドア」「勝利のドア」「賞賛のドア」

他にもいろいろ見つかるだろう。

そしてその小さなドアを開けるたび君らの夢がひとつずつ叶っていくのがわかるはずだ。

鼻クソみてーなスピーチだが最後まで言わせてもらうぜ?ボウズ

君らには、そのためにやるべきことがある。

手探りでも何でもいい。

意地でも次のドアに手をのばし続けることだ。

そんなことしてる間に―気付いたら宇宙遊泳とかしてるかもよ?


f:id:kitchen82:20170426013421j:image

 

このかっこよさ。たまんねーな。

 

空白の一日

昨日はブログ書けなかった。

大切なものを失った気がする。

でも大切なものを守った気もする。

今日からは新しい自分。

ロックンローラーになりたい。

大酒を飲み、ギャンブルと女を愛し、誰よりも大らかで、豪快に笑う。

ギターは楽器ではなく喧嘩の道具。

好きなことを叫び、仲間に囲まれる。

 

俺が最も嫌う人種。

嫌われ者

古畑任三郎が昔

「自分が人に嫌われてんじゃないかって心配している皆さん、安心してください。そういう場合は大抵本当に嫌われています。」

と言ってた。

この言葉は全国の嫌われ者の心にずーっと残ってる名言。

あまり知られてないけど、古畑任三郎は嫌われ者界のレジェンド。

 

嫌われ者には魅力がある。

逆に、万人に愛される奴らには何の魅力もない。

話が死ぬほ面白くない。

カフェで高いコーヒー飲んでパンケーキ食っとくのがお似合い。好きにしろ。


f:id:kitchen82:20170422164000j:image

桜並木

少し前のことになるけど、近所の川沿いの桜並木が満開の時期。

4歳の息子に「ようちゃん、桜がキレイやねー」

と話しかけると

「全部ようちゃんが育てたんよ」

と大嘘をつかれた。

 

将来は泥棒か政治家になる予感がする。

悪口

俺も悪いけど、うちの奥さんもかなり口が悪い。

星野源のことを「全ジャンル中途半端男」と呼んでいる。

いいぞ!奥さん!もっと言ってやれ!ガッキーとキスしやがって!全ジャンル中途半端男め!

 
f:id:kitchen82:20170420230357j:image

何やってんだろね

今電車の中でしゃがみこんでこれ書いてる。高校生の頃から何も成長しとらん。

全ての人を下に見てる。

何でこんなにひねくれたんやろね。

人と談笑してても俺の方が面白いと思うし、俺の方が頭がいいと思う。

ドラマとか見てても、なぜ俺を主演にしないのか不思議になる。

何だかすごくかわいそうなやつなんやけど、俺はこんな俺が嫌いじゃない。

 

自分の敵は大体自分。俺次第。俺は何でもできる。